アテニア化粧品って?

1989年、既存の化粧品メーカーの理念を大きく覆す化粧品メーカーができました。

 

「使ってみたい化粧品は高すぎない?」
「効果が高い化粧品は価格も高い」
この両者の思いを同時に解決すべく開発されたのがアテニア化粧品です。

 

アテニア化粧品が当時紙媒体(新聞の折込が多かった)で広告を開始したときに、一般消費者は「安っぽい」という思いを抱いた人が多かったものです。
当時、「これはいい」と言われる化粧品はパッケージ・容器ともに華美で雰囲気作りも上手だったのです。
まだ一般に「化粧品の価格の容器が占める割合」を認知している人が少なかったからでしょう。
この雰囲気に「効果を重ねる」ことが普通だったのです。

 

容器が安っぽい、色もデザインもパッケージがおしゃれじゃない、値段が安すぎる。
この3つが「アテニアはダメでしょ」と疑われた原因でした。

 

しかし、口コミの力でしょうか。
安全を追求し、消費者の声をダイレクトに生かしていく販売形態・内容物の工夫などで、少しずつ認知されていくようになり、使用者が増加していったのです。

 

現在、アテニア化粧品は「スキンケア」だけでなく、「メークアップ用品」「健康食品」にも間口を広げているのですが、設立当時の「会社のカラー」を変えることなく同じイメージのままです。

 

「モノを大切にする」という企業理念は、容器にもこだわりが大きいです。
例えば、化粧品を自分で詰め替えるという発想は、今ではある程度認められていますがアテニア化粧品が採用したころには、消費者としては驚きのひとつでした。

 

また、レフィルに関しても一般化粧品メーカーは、シーズンごとに「以前のものが使えないファンデーション」を作ります。
レフィルの購入を見越しての「企業作戦」です。
しかし、アテニア化粧品は、15年以上前のレフィルに現在の新製品を入れて使用することができるのです。
こんな企業は、ほかには見られません。

 

「やさしい」企業理念は、製品にも大きく影響します。
成分の採用に関しても、「安全・安心・信頼」をベースに行われるので、私たちとしては長期連用にも不安なく使用できるのがアテニア化粧品です。
>>アテニアドレスリフトの口コミ・レビューはこちら