糖化による老化について

ここ最近よく耳にする「糖化」という言葉。
エイジングケアを紹介する場面では、必ずと言っていいほど登場するようになりました。

 

ただ、誤解も多い言葉なので、今一度糖化について考えてほしいと思います。

 

まず、糖化がお肌に悪い影響を与えることは間違いありません。
これが原因でシワなどのが出来てしまうため、雑誌で書かれていることは正しいと言うこともできます。

 

ですが、そもそも「糖」は本当に悪いものなのでしょうか。

 

糖は甘いものを食べれば必ず入っていますが、実は甘いものを食べなくてもカラダの中で常に常在しているもので、0にするこはできないものなのです。

 

また、カラダにとっても必要不可欠なものなので、「糖」が悪者であるということは間違いなのです。

 

とはいえ、摂り過ぎはいろんな意味でカラダに良くありませんから、普段から摂り過ぎている人は注意が必要です。
逆に、食生活に気を付けていれば、雑誌の煽りにビビる必要は全くないのです。

 

また、糖を摂ればそれが糖化に繋がると考えらえることがあるのですが、それは間違いです。
糖化の原因は不明な部分も多いため、雑誌をの言うことを鵜呑みにできないからです。

 

お肌の老化の原因はやはり紫外線や活性酸素などによる影響が大きく、投下はその一部でしかありません。

 

現在糖化の原因が不透明なため、販売されている糖化を抑えるサプリや化粧品がどこまで効果があるのかは不明であり、本当に効果があるのかはわかりません。

 

この辺りは研究が進み、もっと具体性が出てこなければわからないので、あまり怖がる必要はないと思います。